きゃぷてんやよい(適当)
そんな感じ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【旅行記】東京へ行こう【中編・その1】
昨晩に引き続き,今晩も更新致します.
早速,昨日の続きから……
後編と言っていましたが,中編その1をはさもうと思います.

[[前回のあらすじ]]
関西各地を走り回っていました.関空で友達を見送り,私の旅行がスタートします.

続きを読むからどうぞ.
[【旅行記】東京へ行こう【中編・その1】]の続きを読む
スポンサーサイト
【旅行記】東京へ行こう【前編】
お久しぶりでございます.御陵やよいです.最近,妹もTwitterを初めたみたいです.

さて,私やよいですが,現在東京におります.
鉄分補給をおこなって,暫く少年の心に戻っていました.

今日の行程が,後輩に「芸人さんの営業みたいですね」と言われたレベルのスケジュールでした.
今から思えば大分無理がありました.少し気を付けたい所です.

「フットワークが軽い」ということは自負しているのですが,スケジュールもきちんと立てないといけませんね.
自分は割と適当なので,旅先で巡る観光地等はその場で決めるのですが,それで今回宿泊施設はミスりかけたので,次回はもう少ししっかりしておきたいと思います.
(いつもは,もし泊まる場合ならば泊まるところはしっかりと押さえていたのですが,今回は何を思ったのか全く手をつけていませんでした.しっかりしなくてはなりませんね.反省.)

さて,今回は東京へ行くまでの旅行記【前編】です.
【後編】は早めに作ろうと思います.

それでは,続きを読むからどうぞ.
[【旅行記】東京へ行こう【前編】]の続きを読む
祭が終わり、君は何を得たか
六甲祭が終わりました.当方,相変わらず実行委員暮らしが続いております.
何年目かしらんと想い出を辿っていたのですが,どうやら実行委員歴は5年目.来年で6年目.早いものだなあ.
何気なく始めた実行委員も,高校を卒業して大学に入っても続けているのは何とも不思議であることだよ.
普通なら絶対に途中で投げ出している部類のしんどさが待ち受けているのにどうして続けてしまうんでしょうか.全てが終わったあの瞬間の達成感が堪らないと言うよりは,寧ろ期間中の全てを犠牲にして一つの事に没頭するのが性に合っているからかもしれません.

ゴミ箱に手を突っ込んで,謎の混合液(主成分:飲料)を手に浴びても動じなくなりました.生ゴミも素手で鷲掴みすることに何ら躊躇いを覚えることすらなくなりました.げに恐ろしき,実行委員の慣れ哉.あれは祇園祭の手伝いで身につけたスキルかもしれませんが.(あの時はアルコール飲料も混じっていて臭いが悲惨でした.)
兎に角何事も経験ですね.祇園祭の手伝いをしていなければゴミ収集車の兄ちゃんの有り難さは身を持って感じられなかったでしょうし.六甲祭だとナガタさんかな?ほんと,この手の業者さんはありがたい存在です.

さてさて,本題へ.
六甲祭が終わり,僕は何を得たか.
一番は,後輩への接し方でしょうか.
今まではどう接すればいいのかよく分からなかったので,余り近づこうとはしなかったのですが,割とそれでも名前程度は覚えてもらえるようです.あと,会話もしても問題はないようです.色々とこの辺りは,途中からですが,それなりに悩んでいました.ですが,どうやら今までのままでも問題はないようです.その自信を得た気がします.

二番目は,先輩との付き合いです.
以前から,同期や後輩よりも先輩と仲が良かったと(少なくとも自分の中では)自負しておりますが,六甲祭に近づくにつれ,そして終わってからの先輩との関係が,余計に親密になった気がします.これに関しては,私が余り友人を積極的に作らない(作れない)人間である事もあり,大変嬉しく思っています.ですが,もう先輩も引退なされます.ですが今生の別れと言う訳でもないので,この繋がりは大事にしていければと思っています.

三番目は,同期との関係です.
二番目でも少し触れましたが,私は積極的に友人を作らない人間であり,同期の間でもそれ程,親密な関係と成り得る人はあまり多くありませんでした.ですが,まあ付き合いが二年目になったということもあるのでしょうが,交友関係がじわじわと広がった気がします.これに関しても,歓迎すべきですね.いやしかし,この自分が気軽に会話が出来る環境に居れるというのは,何とも不思議なものです.

あと,遊撃部隊も必要だなあと感じました.これに関してはまたつらつらと別枠で述べたほうが面白いかもしれません.というわけで,本日はこのへんにしておきましょう.さようなら.
甲種回送
東海道本線沿線に住んでいる下宿組の方々からよく

「夜に貨物列車が走ってうるさい」

という声を聞きます。
我々の業界ではご褒美なのですが、実際に住めばその考えも変わるのかもしれませんね。
(僕は鉄道だけに限らず、飛行機やバスの往来を眺めてるのが好きなのです)

東海道本線と言えば、東京から神戸駅までを結ぶ日本の大動脈の一つですから、頻繁に貨物列車も走るのも仕方ないと言えば仕方ないのかもしれません。

ところでその東海道線に、稀に珍しい車両が走ります。

それが「甲種回送」と呼ばれるものです。
(新車を納入先の鉄道会社へ運送しているので回送ではなく、本当は甲種運送と言うそうですが)

何が珍しいのかと言うと、営業運転前に車輌が見られるということでしょうか。それに関東の鉄道会社の車輌が関西で走っている所を見られる可能性があるというのもポイントは高いですね。
(実際は機関車に牽引されているだけなのですが。)

そしてその甲種回送に、偶然昨日遭遇しました。三ノ宮で。



これ。青いのはビニール袋をかぶせてるからですよ。
走行すると虫が正面で潰れたりと汚れてしまいますからね。
防御は大切です。

甲種回送する理由というのは、車輌製造工場と発注した鉄道会社が離れているから届けるために必要なわけですが、この車輌は山口県の日立の工場から、名古屋市まで回送されたそうです。
他にも川崎重工が鷹取の方にありますし、放出の隣駅の徳庵という駅にも近畿車輛があり、そこから全国(割と世界規模で)へと車輌を世に送り出しています。

先ほどの車輌はどこの会社かはよく分からなかったのですが、Twitterで知り合いに聞いてみると名古屋市営地下鉄の鶴舞線に導入される新型車両だったようです。名古屋かあ。


機関車が牽引するのはコンテナだけでなく、鉄道車輌もあるんだぜっていうお話でした。


※因みに、甲種運送だけでなく乙種運送もあるそうです。詳しくはWikipediaが詳しいのでそちらをご覧ください。
取り敢えず自己紹介的な
こんにちは。みささぎやよいです。
どこぞの大学で潜伏しています。実行委員とかしてたりしてね。

久々にブログやろうかなと思ったので昔のを引っ張り出してきました。
さていつまで続くやら。まあ続ける気なんて無いですけどね。気が向いたら書く、程度にしときます。

そんな感じです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。